現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 急転「ロス疑惑」
  5. 記事

三浦元社長の保釈請求棄却 サイパン地裁

2008年6月19日11時9分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【サイパン=石原剛文】81年の米ロサンゼルス市での銃撃事件で、米自治領サイパン島で逮捕・勾留(こうりゅう)されている元雑貨輸入販売会社社長三浦和義容疑者(60)=日本では無罪確定=の保釈請求の第2回審理が19日、サイパン地裁で開かれた。地裁は「死刑または終身刑が適用される可能性がある事件の容疑者については認められない」として、請求を棄却した。

 弁護側は「非人道的な長期拘束が続いている」として5月30日に保釈を請求。検事局は、「たとえ旅券をとりあげても、ボートで逃走する可能性がある」などとして、保釈に反対していた。

 元社長については、弁護側が、釈放を求める人身保護請求も申し立てている。地裁はこの日、その審理を9月12日に開くことを決めた。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内