現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 列島こんな話
  5. 記事

新華僑、横浜中華街へ続々 ジャパニーズ・ドリーム求め

2009年5月8日4時48分

写真平日、休日にかかわらず大通りは観光客や買い物客でごった返す横浜中華街=横浜市中区山下町

 横浜中華街に「異変」が起きている。150年前の横浜開港に伴い誕生した華僑の街でここ数年、新華僑の店が続々と開店している。中国産食品離れに加え、不況が続く中、老舗(しにせ)の閉店が相次ぐ世界最大級のチャイナタウンで、「ジャパニーズ・ドリーム」を手にしようと、たくましい生き残り競争が繰り広げられている。

 横浜中華街は約500メートル四方の地域に、約250の飲食店が立ち並ぶ。1859年の横浜開港後、来日した華僑たちによって外国人居留地内に作られた。観光客は現在、年間約2千万人に上る。

 その街で閉店が目立ち始めたのは3、4年前から。メーンの大通りだけで、約2割の13店が閉店。横浜中華街発展会協同組合理事長の林兼正・萬珍楼社長(67)は「中華街全体ではこの1年で16店が閉めた。こんなことは過去に例がない」ともらす。

 閉店の理由は、不況による経営難や後継者不足など。貸せば高い家賃収入が期待できることから、自店に見切りをつける老華僑もいるという。

 ただ、閉店してもすぐ新店が開くのも特徴だ。進出するのは、主に中国の改革開放政策に伴って1980年代以降に来日した新華僑の人たちで、中華街の外で店を開いて成功した人が多いという。

 福満園グループの陳聖芳社長(37)は昨春、北門通りの本店横に、5店目となるフカヒレ専門店を開いた。

 福建省出身の陳さんは88年に来日し、語学学校に通いながら複数のアルバイトを続けた。92年、横浜の老舗に入社、独立を夢見て月に約300時間働いた。95年、中華街の近くに店を構えると、02年には念願の中華街進出を果たした。

 午後9〜10時に閉める店が大半の中華街で、福満園は午前2時まで営業する。陳さんは「新物件は我々にとって大きなチャンス。新しい発想の料理、ほかにないサービスをやらないと生き残れない」と語る。

 「90円肉まん」で評判の皇朝は、福建省出身で新華僑の陳祖明社長(38)が副社長の陳有章さん(36)ら仲間と立ち上げ、04年夏、中華街に1号店を開いた。

 黄色の看板が特徴で、「世界チャンピオンの店」をうたう。出店前、客は何を求めているか、マーケティングをし、試作を繰り返した。答えは「小ぶりで安価」。陳副社長は「味には自信がある。生産効率や仕入れを見直し、90円は守りたい」。昨年末には念願の大通りにも出店、中華街5店を含め11店になった。

 その一方、新華僑の相次ぐ進出に新たな不安も出ている。中華街では「街づくり協定」を作り、活性化のイベントも多いが、これに参加しない新華僑も多いという。謝甜記の謝成発社長(56)は「新しい店の中には強引な客引きやビラ配りなどマナー違反を繰り返す店もある。自分さえよければ、では街は栄えない」とくぎを刺す。

 ただ、林理事長は「今は商売が忙しく街づくりに参加できないかもしれないが、余裕が出れば協力してくれるはずだ。新華僑のハングリー精神は老華僑にとってもよい刺激だ」と見ている。(佐藤善一)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内