現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. ガザ進攻
  5. 記事

麻生首相、ガザ空爆「遺憾」 イスラエル首相と電話会談

2008年12月31日20時52分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 麻生首相は31日、イスラエルのオルメルト暫定首相と電話会談し、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザに空爆したことについて、「広範囲に被害が及び、民間人に死傷者が出ていることは遺憾だ」と述べ、速やかに攻撃を停止すべきだとの考えを伝えた。オルメルト氏は「イスラエル市民を(武装勢力の)攻撃から守るために行っている。民間人の犠牲が出ないよう努力している」と答えたという。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内