現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 芸能界薬物汚染
  5. 記事

押尾容疑者、薬物授受うかがわせるメール 事件の2日前

2009年12月8日15時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 元俳優の押尾学容疑者(31)が東京・六本木のマンションで、薬物中毒死した飲食店従業員の女性(当時30)に合成麻薬MDMAを譲り渡したとされる事件で、押尾容疑者とインターネット販売業泉田勇介容疑者(31)が頻繁に携帯電話のメールをやり取りし、薬物の受け渡しをうかがわせる内容が含まれていることが、捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、押尾容疑者の携帯電話の記録を分析するなどして両容疑者間のMDMAの受け渡しの時期や場所を特定したとされる。

 捜査1課によると、泉田容疑者は7月31日、マンションの一室で押尾容疑者にMDMAの錠剤を渡した疑いで、押尾容疑者は2日後の8月2日、死亡した女性にこの錠剤を渡した疑いで、それぞれ逮捕された。押尾容疑者と女性はこの錠剤をのみ、その後女性は死亡したという。

 捜査関係者によると、押尾容疑者は「錠剤を受け取ったことも渡したこともない」との趣旨の供述をしている。泉田容疑者も、押尾容疑者にMDMAを渡したことを否認しているという。

 しかし、薬物の受け渡しに関するとみられるメールが7月31日ごろ、両容疑者の間で交わされていたという。メールの内容などから、同課は両容疑者が同日、女性が死亡したのと同じ部屋で会い、受け渡しが行われたとみている。両容疑者は昨年12月ごろ、知人を介して知り合ったという。

 また、押尾容疑者の毛髪からMDMAの成分が検出されたことも判明。同課は、押尾容疑者が複数回にわたりMDMAを使用していたことを示す資料とみている。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内