現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 芸能界薬物汚染
  5. 記事

元・男闘呼組、成田被告に有罪 大麻所持、執行猶予つき

2009年12月10日12時32分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 アイドルロックグループ「男闘呼組(おとこぐみ)」(1993年に解散)の元メンバーで大麻取締法違反(所持)の罪に問われた歌手の成田昭次=本名・成田昭二=被告(41)に対し、東京地裁(秋吉淳一郎裁判官)は10日、懲役6カ月執行猶予3年(求刑懲役6カ月)の判決を言い渡した。

 判決によると、成田被告は9月27日、東京都渋谷区内の自宅に乾燥大麻約1.6グラムを隠し持っていた。秋吉裁判官は「約10年前から精神的にリラックスできる感覚を味わうために大麻を使い続けていて常習性があった」と指摘した。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内