現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 芸能界薬物汚染
  5. 記事

尿から覚せい剤使用示す反応 JAYWALK中村容疑者

2010年3月15日13時18分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 ロックグループ「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)が覚せい剤を所持していたとして現行犯逮捕された事件で、中村容疑者の尿から覚せい剤の使用を示す反応が出たことが警視庁への取材でわかった。

 麻布署や捜査関係者によると、中村容疑者は「1年前から1人で覚せい剤を使っていた」と供述しているという。使用の動機については「年を取って疲れるようになった。疲れが取れるので使っていた」と話しているという。

 中村容疑者は逮捕時に持っていた覚せい剤を含めて「都内の路上で外国人から買っていた」と供述。東京都練馬区内の自宅マンションから吸引具のパイプ2本が押収された。注射器は見つからず、中村容疑者の腕に注射の跡がないことから、同署は中村容疑者が覚せい剤をあぶって使用していたとみて調べている。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内