現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 医療・健康
  4. 新型インフルエンザ特集
  5. 記事

参院職員が新型インフル感染 全国会議員に注意喚起

2009年7月29日19時32分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 参院事務局は29日、30歳代の女性職員が新型インフルエンザに感染したと発表した。国会職員で感染が確認されたのは初めて。事務局はすべての国会議員と職員に注意を促す文書を配布。国会見学は中止せず、入館者にはこれまで通り手の消毒を呼び掛ける方針。

 事務局によると、この職員は28日に発熱。29日に横浜市内の病院で診察を受け、症状などから新型インフルエンザと診断された。現在は自宅で療養している。一般客や国会議員と接する業務ではなく、最近の海外渡航歴もないという。(時事)

関連トピックス

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内