現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 医療・健康
  4. 新型インフルエンザ特集
  5. 記事

新型インフル タイで2人の感染確認 東南アジア初

2009年5月13日1時13分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【バンコク=柴田直治】タイのアピシット首相は12日、新型の豚インフルエンザの感染者が国内で初めて確認されたことを明らかにした。東南アジアでの感染確認は初めて。フィンランドでも新たに確認され、13日午前1時(日本時間)までに34の国・地域で計5496人の感染者が確認されたことになる。AFP通信によると、メキシコで新たに2人の死者が確認され、死者数は4カ国で計63人となった。

 タイ保健省によると、感染が確認された2人は今月初旬にメキシコから帰国したタイ人で、帰国後に治療を受けてすでに退院した。接触した8人も体調良好で、二次感染の兆候はないという。

 一方、フランス保健当局は12日、同国の感染者数を15人から13人に訂正した。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内