現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 医療・健康
  4. 新型インフルエンザ特集
  5. 記事

成田着の米国人父子2人の感染確認 新型インフル

2009年5月26日12時41分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 厚生労働省は26日、成田空港に25日午後に着いた米ロサンゼルス発シンガポール航空11便に乗っていた、30歳代の米国人男性とその子どもの男児、計2人が新型の豚インフルエンザに感染していた、と発表した。

 新型インフルの国内の感染者数は26日午後8時現在で計352人になった。

 厚労省によると、男性は機内で37.2度の発熱などを訴え、成田空港検疫所が詳しい検査をした。男児も21日に米国内での簡易検査でA型陽性だったことがわかり、改めて検査したところ感染が確認された。

 乗務員や2人の近くに座っていた濃厚接触者で入国した20人のうち、日本人は北海道、東京都、千葉県、横浜市に住む計6人。他は、米国やシンガポール、マレーシアの国籍の人で、東京都と横浜、川崎、静岡各市に滞在。いずれも保健所を通じて健康観察をする方針。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内