現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 医療・健康
  4. 新型インフルエンザ特集
  5. 記事

初のタミフル耐性ウイルス確認 デンマーク、患者は回復

2009年6月30日11時10分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【パリ=飯竹恒一】新型の豚インフルエンザに感染したデンマークの患者から、抗ウイルス剤タミフルに耐性を持つウイルス検体が初めて確認されたと、タミフルの製造元、スイスの薬品大手ロシュが29日明らかにした。デンマーク保健当局も確認した。

 ロイター通信などが伝えた。患者はすでに回復しているという。同社担当者は「耐性は予想されていたことで、科学的には驚きではない」とした。また、耐性は治療中に生じたもので、まれだが起きうることであり、通常の耐性とは違うとして「タミフルは新型インフルの治療に依然有効だ」と説明している。

関連トピックス

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内