現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 医療・健康
  4. 新型インフルエンザ特集
  5. 記事

新型インフルで盛岡の2歳女児死亡 国内最年少

2009年11月1日18時27分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 盛岡市は1日、新型インフルエンザに感染した盛岡市在住の女児(2)が同日死亡した、と発表した。厚生労働省によると、新型インフルに感染した患者や感染が疑われた患者の死亡例としては国内最年少。女児に基礎疾患はなかった。

 盛岡市保健所によると、女児は10月29日午後8時ごろに体温が39度台まで上がり、まもなく呼吸が停止した。救急車で盛岡市内の病院に搬送されたが、1日午前6時20分に多臓器不全で死亡が確認された。

関連トピックス

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内