現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 医療・健康
  4. 新型インフルエンザ特集
  5. 記事

米の死者、4倍の3900人 新型インフル、再計算で

2009年11月13日10時16分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【ワシントン=勝田敏彦】米疾病対策センター(CDC)でインフルエンザ対策を担当するアン・シュキャット博士は12日の会見で、4月から半年間に米国で約3900人が新型の豚インフルエンザで亡くなった、とする推定を発表した。これまで考えられていた数の約4倍となった。

 新型ウイルスへの感染が確認されていなくても、関連とみられる呼吸器疾患の死者数などを入れて再計算した。米国では毎年、季節性インフルエンザで約3万6千人が亡くなると推定されているが、新型の死者数の推計についても実態をより反映した今回の数字と比較するのが適切としている。発病者数は2200万人と推定している。CDCは今後、3、4週間おきに更新していく。

 オバマ米大統領の科学技術諮問委員会(PCAST)は今年8月、秋から冬にかけて、米国民のうち6千万〜1億2千万人が発病し、子どもや若者を中心に3万〜9万人が死亡する、との予測を発表している。

関連トピックス

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内