現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

被災体験語り合い、同郷の輪を 名古屋で避難者の交流会

2011年5月16日7時48分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:福島県から避難した今泉律子さん(左)と、安部恵さん。交流会では他の参加者たちと郷土料理「こづゆ」を作った=15日午後、名古屋市千種区、佐藤慈子撮影拡大福島県から避難した今泉律子さん(左)と、安部恵さん。交流会では他の参加者たちと郷土料理「こづゆ」を作った=15日午後、名古屋市千種区、佐藤慈子撮影

 東日本大震災で名古屋市に避難してきた人たちが互いに知り合うきっかけを作ろうと15日、同市千種区の生活協同組合コープあいち「生活文化会館」で、市内のボランティア団体などが交流会を催した。福島県などから逃れてきた9家族20人が参加、被災の体験を語り合った。

 地元の市民団体「災害ボランティアちくさネットワーク」やコープあいちによる実行委員会が開いた。約60人のボランティアも一緒に郷土料理を作り、会食しながら交流した。

 同市内の県営住宅で避難生活を送る江本健一さん(37)、潤子さん(38)夫妻は、福島県南相馬市の自宅が福島第一原発から30キロ圏内にあり、やむなく故郷を離れた。「名古屋に来てから、同郷の人と話したくて仕方がなかったが、どこに誰が住んでいるのか分からなかった。ここに来れば会えるかもしれないと考え、参加した」という。

 ちくさネット事務局長で、交流会実行委員長を務めた滝川裕康さん(63)は「避難者の皆さんを少しでも地域の力で支えていきたい。今後、こうした交流会が広がっていけば」と話していた。(黄テツ=テツは撤のてへんがさんずい、畑宗太郎)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧