現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

東海3連動地震、名古屋中心部も浸水 名大准教授ら調査

2011年6月15日5時49分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】東海3連動地震の津波シミュレーション

図:  拡大  

 東海・東南海・南海の3連動地震が起き、堤防が決壊した場合、津波や河川の氾濫(はんらん)で名古屋市の中心部に至る広い地域で浸水被害が出る可能性があることが、名古屋大大学院工学研究科の川崎浩司准教授(海岸工学)らの研究で分かった。

 運転停止中の浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の周辺では、満潮時に高さ約6メートルの津波が到達して手前の砂丘を乗り越え、東日本大震災を受けて新設予定の高さ15メートル以上の防潮堤(防波壁)を越えて遡上(そじょう)する可能性も指摘した。陸上を遡上した津波が海面からどの高さまで到達したかを示す「遡上高(だか)」は、津波の高さの2〜4倍に達すると考えられている。

 中部電力は津波対策として防潮堤のほか、非常用電源の高台設置を決めている。

 研究では、3連動地震で東日本大震災と同じマグニチュード(M)9の地震が起きたと想定。政府の中央防災会議の想定のM8.7に比べ、プレートがずれる距離が約3倍になり、海面も約3倍の高さになった。

 堤防が決壊した場合、名古屋港周辺の河口では地震直後から広範囲に浸水。リアス式海岸の三重県尾鷲市では約20分後、浜岡原発周辺では約40分後、名古屋港には約1時間半後に最大の津波が到達。約3時間後にはJR名古屋駅周辺の市中心部も浸水する。満潮時では、津波の高さは尾鷲市では約13メートルに達するとした。(河原田慎一)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧