現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 東日本大震災
  3. 記事
2012年11月8日21時38分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「奇跡の一本松」帰郷に向け着々 幹のくりぬき作業終了

【動画】奇跡の一本松モニュメント化 愛知での作業完了=鈴木祥孝撮影

写真:芯材を通す穴を開けられる「奇跡の一本松」=6日午後、愛知県弥富市、細川卓撮影拡大芯材を通す穴を開けられる「奇跡の一本松」=6日午後、愛知県弥富市、細川卓撮影

 【鈴木祥孝】東日本大震災の津波に耐えたが、その後枯死した岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」。モニュメントにするため、愛知県弥富市の製材所が進めていた幹の中心をくりぬく作業が8日、完了した。京都市内で防腐処理などをした後、来年2月には帰郷する予定だ。

 ヤトミ製材には9月15日、高さ約27メートルの松の幹の部分(18.6メートル)が3分割されて運ばれた。

 1カ月近くかけ、強度計算をしたり、木を回転させながらチェーンソーで穴を開ける機械を開発したりして、七つに分割。根元から六つはカーボン製の支柱を通すため、くりぬいた。

 最上部は、別の場所で葉や枝のついた繊維強化プラスチック(FRP)製のレプリカに作り替えられる予定。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

おすすめ

「もんじゅ君」がやさしくわかりやすく語る「原発と放射能」。日本一わかりやすい原発と放射能の本

福島はどのようにして「原子力ムラ」となったか――。福島生まれの著者が「地方」と「日本の近代化」の関係から追及

加トちゃんしかり。なぜ今、若い女性は父親ほど年の離れた男性と結婚したいのか?

庫内温度は5度から55度まで自由に設定可能。電源ケーブルを差し替えれば、車のシガーソケットでも使用できる便利な小型保冷温庫

綿の5倍もの吸湿性と、吸い取った汗を素早く乾燥させる速乾性、そして通気性にも優れた生地「クールマックス」を使用した涼ワイシャツで夏を乗り切ろう

靴のしっかりしたフィット感と、サンダルの涼しさ、手軽さを併せ持った水陸兼用サンダル

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧