現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

〈生きていくあなたへ〉希望失わないで ミュージシャン・大友康平さん

2011年3月24日10時58分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 仙台は今も親戚が住み、学生時代を過ごした僕のルーツです。1978年、宮城県沖地震を体験しました。その後も地震のたびに怖い記憶がよみがえる。11日は渋谷のホテルで打ち合わせ中、長い横揺れが1分以上続いて……東北ではどんなに怖かっただろう。幸い僕の親戚や知人は無事でしたが、津波で街が崩壊していく様には言葉を失った。

 ミュージシャンとして何ができるだろうと考えるけど、まだチャリティーライブで「勇気を与えたい。元気を与えたい」と言う時期ではないと思う。あまりにも大きな災害で、みんなの足元がぐらついているわけだから。

 でも目の前に皆さんがいたら、やっぱり生きていて良かったと言うと思う。もちろん大変な状態だけど、命があってのこと。僕らはこうやって暖かい場所にいて、食事もある。その状況にならないと分からないと思う。でも、生きていて良かった。この困難を乗り越えるために、希望を失わないでいてください。

検索フォーム

おすすめリンク

「もんじゅ君」がやさしくわかりやすく語る「原発と放射能」。日本一わかりやすい原発と放射能の本

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

禁漁になったら食べていけなくなる。漁協が考えついた苦肉の策は……。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧