現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年12月20日11時14分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

コブクロが義援金8500万円 ツアー中、ファンも協力

写真:コブクロの小渕健太郎さん(左)と黒田俊介さん拡大コブクロの小渕健太郎さん(左)と黒田俊介さん

写真:東日本大震災の義援金目録を朝日新聞大阪本社の横井正彦代表(左)に手渡すコブクロの所属事務所ミノスケの坂田美之助社長=19日午後、大阪市北区、中里友紀撮影拡大東日本大震災の義援金目録を朝日新聞大阪本社の横井正彦代表(左)に手渡すコブクロの所属事務所ミノスケの坂田美之助社長=19日午後、大阪市北区、中里友紀撮影

 人気デュオ歌手、コブクロが東日本大震災義援金として8564万2797円を朝日新聞社に託した。体調不良のため8月末から休養中の小渕健太郎さん(34)と黒田俊介さん(34)に代わって、所属事務所ミノスケの坂田美之助社長(57)が19日、大阪市北区の朝日新聞大阪本社を訪れ、横井正彦・大阪本社代表に目録を手渡した。

 コブクロが5〜8月に全国各地で30公演し約26万人を動員したコンサートツアー中に会場でファンから寄せられた2507万3037円に、コブクロの2人や所属事務所、所属レコード会社、ツアー関係者らの義援金を加えた。

 坂田社長は「デビュー直後からコンサートを主催してくれるなど、ご縁があった朝日新聞社に託すのが一番分かりやすいと判断した。ファンの皆さんやコブクロの思いをくんで、被災された方々のために役立てていただけたら」と話した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧