現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

「ペットのため…」避難所離れた人に物資 支援団体走る

2011年5月23日7時39分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:避難所で飼い主に付き従う犬=4月上旬、宮城県多賀城市、藤添尚子さん撮影拡大避難所で飼い主に付き従う犬=4月上旬、宮城県多賀城市、藤添尚子さん撮影

写真:ペットと暮らすため、半壊した自宅(奥)にいた男性=3月下旬、宮城県石巻市、藤添尚子さん撮影拡大ペットと暮らすため、半壊した自宅(奥)にいた男性=3月下旬、宮城県石巻市、藤添尚子さん撮影

 かけがえのないペット。でも、避難所で飼うのは難しい……。東日本大震災の被災地で、ペットと過ごすことを優先して避難所を離れ、車や壊れかけた自宅などで生活する飼い主たちがいる。そんな人たちのために動物好きの写真家らが4月、支援団体をつくった。

 名付けて「縁の下のチカラ持ち」。福岡市早良区の写真家、藤添(ふじそえ)尚子さんが仙台市の知人らとつくった。犬4匹と猫11匹を飼う藤添さんも震災以降、被災地のペットや飼い主たちの暮らしぶりが気になっていた。

 3月末と4月末の2回、津波の被害が大きかった岩手県南部から宮城県北部の沿岸の避難所100カ所以上を車で回った。支援物資のほか、飼い主らにペットのえさやトイレ用品なども配り、飼育状況を調べた。

 ペットが原因で孤立してしまう人がたくさんいた。「鳴き声がうるさい」「においが気になる」などと言われて避難所を離れ、車の中や津波の被害を受けた自宅に戻って暮らす人たち。避難所を離れて支援物資を受け取れず、情報から遮断されている人もいた。

 宮城県南三陸町では、犬と猫を1匹ずつ飼う80代の女性に会った。地震で腕と腰を強打し、壊れかけた家で寝たきりで暮らしていた。「ペットが嫌がられる」と避難所へ行けず、親戚が時々買ってくる食料をペットと分け合っていた。

 藤添さんは「被災した人もペットもリラックスして過ごせる環境作りができれば」と話す。活動の拠点を仙台に置き、ペットや飼い主支援のほか、ボランティアの派遣、避難所や自宅で支援が行き届かない人たちの生活を援助している。

 支援物資やボランティアも受け付けている。詳しくはホームページ(http://ennnosita.web.fc2.com/)で。(溝越賢)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧