現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事
2011年9月4日15時7分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

沖縄エイサー、実は福島が起源 那覇の祭りで交流

写真:「じゃんがら念仏踊り」を披露する福島県いわき市の上高久青年会のメンバーら=3日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇拡大「じゃんがら念仏踊り」を披露する福島県いわき市の上高久青年会のメンバーら=3日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で3日、「青年ふるさとエイサー祭り」が始まり、特別参加した福島県いわき市の青年会が、エイサーの起源とされる「じゃんがら念仏踊り」を踊った。同市は東日本大震災で津波の被害を受けた。復興に取り組む若者を祭りを通して励まそうと、実行委が参加を呼び掛けた。

 エイサーは沖縄の旧盆に踊る伝統芸能。現在のいわき市出身の僧が17世紀に沖縄に渡り、「じゃんがら」を伝えたのが起源とされる。

 いわき市の上高久(かみたかく)青年会長の鈴木雄一さん(30)は演舞前、「震災後から大変だが、頑張っている姿を見せたい」と場内の観客にあいさつ。太鼓や鐘を手に、鈴木さんら14人が厳かで力強い踊りを披露すると、大きな拍手がわいた。祭りは4日までで、同日も「じゃんがら」の演舞がある。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧