現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

首都圏でも死者、家屋倒壊・火災も

2011年3月11日20時13分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大炎を上げて燃える「コスモ石油千葉製油所」=11日午後5時36分、千葉県市原市、朝日新聞社ヘリから、矢木隆晴撮影

 三陸沖を震源とする地震は、距離が離れた地域にも激しい揺れをもたらし、被害が相次いだ。

 北海道によると、11日午後6時30分時点で、大津波警報が出ている太平洋沿岸を中心に根室市や函館市、広尾町など12市町で避難指示、苫小牧市や釧路市、北斗市など15市町で避難勧告が出された。

 えりも町では3.5メートル、十勝港では2.8メートル以上、根室市では2.8メートルの津波を観測。津波が到達した地域では、車や漁船が押し流され、床下浸水などの被害が出ている。ただ、けが人などの報告はないという。

 千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所では11日午後3時40分ごろ、製油所内のガスタンク1基からブタンガスが漏れだし、火災が発生。球形のタンクなどに次々と燃え広がり、激しい炎と黒煙が舞い上がった。ブタンガスはLPガスの原料として保管中だった。千葉県警などが人的被害の有無の確認を進めている。

 東京都千代田区九段南1丁目の九段会館では午後3時15分ごろ、天井が落下して壁が倒壊。東京消防庁によると、50代の女性が意識不明になったあと死亡、42歳の女性が骨を折るなど30人近くがけがを負った。駐車場には布団の上に数人の人が寝かされ、救急隊員が応急処置に追われた。

 町田市小山ケ丘の大規模スーパー「コストコ」では、駐車場の壁が倒壊し、1人が重体、2人が重傷、10人が軽傷を負った。

 横浜市西区の8階建てビルの8階ボウリング場でも、レーン付近の天井が崩れ落ちた。当時、施設は満員で約120人の客がおり、9人が下敷きに。3人が頭などにけがを負って救急車で運ばれた。

 家屋の倒壊などで犠牲になるお年寄りらも相次いだ。茨城県警によると、常陸太田市内の家屋が倒壊し、76歳の女性が死亡。高萩市内では接骨院のひさしが落下し、3人が下敷きになって女性(86)が死亡した。龍ケ崎市でも建物倒壊で70歳前後の男性が心肺停止状態になっている。

 千葉県野田市大殿井でも、玄関先で男性(67)が転倒、頭部を打つなどして間もなく死亡した。大きな揺れでいったん屋外に出て、家に戻ろうとして転倒したという。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介