現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

JR仙石線の普通列車1本と連絡取れず

2011年3月11日23時36分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 JR東日本は11日午後10時20分、仙石線の野蒜(宮城県東松島市)―東名(同)間を走行中の普通列車1本と連絡が取れない状態にあると明らかにした。

 同社によると、午後10時までに新幹線や在来線のほとんどの列車と連絡がとれ、乗客らの無事を確認できているが、仙石線の1本は、地震発生直後から運転士と連絡が取れない状況が続いているという。現場は携帯電話が使えない地域になっており、近くの駅から社員が現場に向かって状況確認を急いでいるが、連絡が入ってこないという。

 また、仙台市周辺の在来線でも、別の列車1本は、連絡が取れたりとれなかったりし、乗客の状況が正確に把握できていないという。

 同社広報部は「営業運転中の新幹線については、脱線や乗客がけがをしたという情報は今のところない」としている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介