現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

震災の品薄品狙い? 倉庫からガソリンなど盗難、埼玉

2011年3月14日19時23分

 さいたま市北区の県立大宮工業高校の防災倉庫から、ガソリン缶8缶(8リットル)、携帯用蛍光灯4個など災害用備品計56品(約20万円相当)が盗まれていたことが14日、大宮署の発表でわかった。東日本大震災の影響で、品薄になることが予想されるものなどを狙った窃盗事件とみて調べている。

 同署によると、14日午前10時、同校の職員が倉庫のドアの鍵が壊されているのを発見した。12日午後4時ごろまでは異常がなかったという。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
特集・東日本大震災

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧