現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

身の回りにある放射線量、県などHPでデータ公開

2011年3月15日13時12分

 原子力施設のある県は、環境中の放射線や風向きなど、気になるデータをモニタリングし、インターネットのホームページで公開している。

 茨城県は、環境放射線監視センター(http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/houshasen/housyasensokutei.html)が、大気中の放射線量や風向き、風速などの最新データを公表している。

 新潟県も柏崎刈羽原発の周辺11カ所に設置した観測点での最新の放射線量を、地図情報とともに放射線監視センターのホームページ(http://www.pref.niigata.lg.jp/houshasen/work_mpost.html)で公開している。

 静岡県は環境放射線監視センター(http://www.hoshasen.pref.shizuoka.jp/)が、放射線量などを公開している。

 他の都道府県にも、環境モニタリング施設があり、データの公開を検討しているところもある。東京都健康安全研究センターは、放射線量データを一般に公開するか、検討に入った。同センターか、東京都のホームページなどを想定しているという。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
特集・東日本大震災

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧