現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

福島市内の水道水から放射性物質検出 国の基準は下回る

2011年3月16日16時43分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 福島県災害対策本部は、16日午前8時に採取した福島市内の水道水から、放射性物質のヨウ素が水1キログラム当たり177ベクレル、セシウムが58ベクレル検出されたと発表した。通常は検出されない。原子力災害時の飲食物摂取制限に関する国の基準では、ヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレルで、下回っている。

 長崎大大学院医歯薬学総合研究科長の山下俊一教授は、ヨウ素やセシウムの値について「無視はできない数字だが、例えば甲状腺に取り込まれるヨウ素はうち2〜3割。人体に即、影響はない」と話す。

検索フォーム

おすすめリンク

浜岡原発の全炉停止から1年。「停止」を決断した菅氏と海江田万里氏に聞いた。

朝日新聞の好評連載「プロメテウスの罠」の第8シリーズ。電気料金の不可解さとは。

冷却装置を使わずに対処することになっていた東電手順書。報告書から見える未解明点とは。

国や電力会社、原子力ムラの面々に、この危機に立ち向かう資格と覚悟はあるのか。

爆発事故によって家族が引き裂かれた苦難を、夫婦の絆で乗り越えようとしている家族の1年を振り返る。

ビジョンが定まらないまま予算は要求する自治体とそれを看過する国。何が震災復興を阻んでいるのか。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧