現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

福島市内の水道水から放射性物質検出 国の基準は下回る

2011年3月16日16時43分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 福島県災害対策本部は、16日午前8時に採取した福島市内の水道水から、放射性物質のヨウ素が水1キログラム当たり177ベクレル、セシウムが58ベクレル検出されたと発表した。通常は検出されない。原子力災害時の飲食物摂取制限に関する国の基準では、ヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレルで、下回っている。

 長崎大大学院医歯薬学総合研究科長の山下俊一教授は、ヨウ素やセシウムの値について「無視はできない数字だが、例えば甲状腺に取り込まれるヨウ素はうち2〜3割。人体に即、影響はない」と話す。

検索フォーム

おすすめリンク

日本全体が地震の巣の上にある。それでも多少なりとも危険の小さい場所はどこなのか。

関電による今夏の電力需給の見積もりについて、広瀬隆氏は疑問を呈する…。

核物質の増加に自分も加担――福島第一原発の元技術者を軸に原子力の周辺を見る。

国や電力会社、原子力ムラの面々に、この危機に立ち向かう資格と覚悟はあるのか。

爆発事故によって家族が引き裂かれた苦難を、夫婦の絆で乗り越えようとしている家族の1年を振り返る。

大飯原発再稼働を地元に要請した野田政権。菅政権の「脱原発」がかすむ…。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧