現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

ホウレンソウ取扱量、東京で半減 4県産出荷停止受け

2011年3月22日15時1分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:東京都中央卸売市場・大田市場では、買い手が付かないホウレンソウなど茨城県産の野菜が倉庫に積まれていた=22日午前4時12分、東京都大田区、伊藤進之介撮影拡大東京都中央卸売市場・大田市場では、買い手が付かないホウレンソウなど茨城県産の野菜が倉庫に積まれていた=22日午前4時12分、東京都大田区、伊藤進之介撮影

 政府が規制値を超える放射性物質が検出された福島、茨城、栃木、群馬の4県産ホウレンソウなどの出荷停止を指示したのを受け、東京最大の青果市場、東京都中央卸売市場・大田市場(大田区)では22日、ホウレンソウの取扱量が連休前の半分以下に激減した。

 市場の一角には、段ボール箱が2メートルほどの高さに山積みにされていた。スーパーから返品されたり、買い手がつかなかったりした茨城産のホウレンソウだ。「使用禁止」の貼り紙がされたものもあった。市場の群馬県産ホウレンソウの相場欄も、棒線で消されていた。

 青果卸売り大手の「東京青果」によると、連休前の18日まで、同社は同市場で1日約20トン前後のホウレンソウを取り扱い、その約6割を群馬、茨城県産が占めていた。それが出荷停止によって22日の取扱量は約8トンに激減した。同市場全体での取扱量も半分以下になった。

 競りでは埼玉、千葉、神奈川県産などのホウレンソウが短時間で競り落とされた。だが品薄にもかかわらず価格は高騰しなかった。市場関係者は「震災や原発事故の影響で外食産業の買い付けが弱く、野菜自体の需要も下がってしまっている」と分析する。

 出荷停止になった4県産の青果物は、出荷停止対象品目以外でも、買い手が付かずに積み上げられた箱が目立つ。都内の小売業者は、茨城県産のチンゲンサイの段ボールが山積みで競りに出ていることに目を見張った。普段は大手スーパーなどがまとめ買いしているため、大量に競りにかけられることはないという。価格は通常の10分の1以下まで暴落したものもあった。

 ある仲卸の野菜担当者には、政府の昨夜の出荷停止指示後にスーパーからこんなファクスが届いた。「茨城産はとりあえずパス。無理なら欠品可」。購買中止の通知という。「冬野菜は関東が主力なので経営への打撃は大きい。今後、対象品目が広がったりすれば大変なことになる」

 別の仲卸業者も「放射能の影響がどれだけ尾を引くか想像もできない。関西、九州産のものに頼る時がくるかも」と懸念した。

 産地も風評被害の打ち消しに努める。市場の白板には、茨城産レタスの放射性物質について「基準値を大きく下回る値であることを確認できた」と強調する貼り紙が掲示されていた。

 市場の営業担当者は「過剰反応も目立つ。専門家もゆでたり、よく洗ったりすれば影響がなくなると説明しているし、政府は適切に広報してほしい」と話した。

 農林水産省によると、2009年産ホウレンソウの出荷量は、この4県で全国の約17%を占める。(上沢博之)

■詳しく調査後、説明添え発表を

 〈関沢純・元徳島大教授=リスク科学=の話〉これまで最も高い値の放射性物質が検出されたホウレンソウばかりを、1年間、毎日15グラム(日本人の1日の平均摂取量に相当)ずつ食べ続けても、胸のCT撮影の1回分に過ぎない。ホウレンソウは洗ったりゆでたりすると、付着した放射性物質がかなり除かれるし、実際にはホウレンソウを毎日食べることはない。

 最も高い値の牛乳を1キロ飲むと、胃のX線検査の5分の1回分。子どもは放射性ヨウ素の影響を受けやすいので、規制値を超えた牛乳は避けることも考えていい。

 私たちは普段の生活でも自然界からの放射線を浴びて問題なく暮らしている。規制値を超えたホウレンソウや牛乳を何度か口にしても、1年間に自然界から受ける放射線を超える量を体に受けることは考えられない。

 出荷停止の指示で、規制値を超えた農産物は出荷されていない。流通業者などが、対象外の品目や周辺地域の農作物を忌避するのは風評被害につながり、控えるべきだ。

 汚染食品を広げず、風評被害を防ぐためにも実態の把握が欠かせない。早く詳しい調査を実施し、調査結果は数値だけでなく、理解しやすい説明を添えて発表するべきだ。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧