現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

福島の農協団体「風評被害が現実に」 厚労相に対策要請

2011年3月25日20時5分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 JA福島中央会など福島県内の農協団体は25日、東京電力福島第一原発の事故で、県内産のホウレンソウなどが出荷制限となったことで他の農作物にも風評被害が出ているとして、細川律夫厚生労働相に早急な対策を要請した。

 要請書は「出荷制限で、経済的損失は計りしれない」と強調。その上で、「心配していた風評被害が現実のものとなっている」として、東京電力とともに万全の補償をすることや、水質や土壌の検査の実施、緊急資金対策をとるよう訴えた。

 JA福島中央会の庄條徳一会長は要請後、「福島と書かれた段ボールは、すべて売り場から撤去された。汚染度合いについて、できるだけ早く調査をして、正確な発表をして頂きたい」と訴えた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧