現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

4号機プールに水、1号機屋根落ちたまま 陸自ヘリ撮影

2011年3月26日2時11分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】23日の福島第一原発(陸上自衛隊提供)

写真:白煙があがる福島第一原発3号機の原子炉建屋(手前)=23日、陸上自衛隊提供拡大白煙があがる福島第一原発3号機の原子炉建屋(手前)=23日、陸上自衛隊提供

写真:福島第一原発の4号機。崩れた建屋上部から使用済み燃料プールの水面(矢印)と思われるものが見える=23日、陸上自衛隊提供拡大福島第一原発の4号機。崩れた建屋上部から使用済み燃料プールの水面(矢印)と思われるものが見える=23日、陸上自衛隊提供

写真:福島第一原発1号機の建屋は屋根が崩れ落ちていた=23日、陸上自衛隊提供拡大福島第一原発1号機の建屋は屋根が崩れ落ちていた=23日、陸上自衛隊提供

写真:福島第一原発2号機の建屋の壁面から噴き出す白煙=23日、陸上自衛隊提供拡大福島第一原発2号機の建屋の壁面から噴き出す白煙=23日、陸上自衛隊提供

 防衛省は25日、陸上自衛隊のヘリコプターから撮影した福島第一原発の映像を公開した。23日に雪が降る中で撮影された。1〜4号機から水蒸気が噴き出す様子や、各炉の詳しい破損状況を上空から撮影している。

 復旧に向けた配電作業中の作業員が24日に被曝(ひばく)した3号機。原子炉を覆う建屋は14日の爆発で激しく壊れている。むき出しになった白い鉄骨がぐにゃぐにゃと絡まる。すき間からは白い湯気が立ち上がる。

 側壁が一部残る4号機も、上側は骨組みだけ。使用済み核燃料貯蔵プールのものとみられる、ひかる水面が確認できる。水が張られているのがわかる。

 1号機は、落としぶたのように屋根がストンと下に落ちている。屋根を除去しなければ、中で作業することはおろか、外から水を注入することさえ難しそうだ。

 2号機は空色の建屋がほぼ原形をとどめる。ただ、側面に窓のような穴があき、水蒸気がもくもくと上がっている。屋根も、複数の穴から湯気が噴き出していた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧