現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

自民、民主批判を封印 統一選パンフを震災後に変更

2011年3月28日19時13分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 自民党は28日、東日本大震災を踏まえ、あらたに作り直した統一地方選の政策パンフレットを発表した。震災前のパンフレットは「民主党の七つの大罪」と題し、経済や農業、領土問題など7分野で民主党を批判していたが、封印。自民党が震災にどう対応するかに重点を移した。

 震災後、「自民党が何をやっているのか見えない」との批判が党本部に殺到。「災害対策」を最重要政策に加え、仮設住宅の確保や道路などのインフラ整備、自営業者や中小企業への再建資金の確保などを押し出した。ただし、自民党が進めてきた原子力政策には一切触れていない。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧