現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

東電・清水社長が入院 当面、勝俣会長が陣頭指揮

2011年3月30日13時14分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 東京電力は30日、トラブルが続く原発問題の陣頭指揮をとっていた清水正孝社長(66)が都内の病院に入院したことを明らかにした。当面の間、勝俣恒久会長(71)が清水社長に代わって陣頭指揮にあたる。

 東電によると、清水社長は29日の夜、本社内で執務中に極度のめまいなどを訴え、高血圧の症状もあったため、車で都内の病院に運ばれ、そのまま入院したという。

 清水社長は、16日にも過労を訴え、2、3日間ほど、本社内に設置した「福島原子力発電所事故対策統合本部」を離れ、役員室で指揮をとっていた。その後、本部に復帰していた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧