現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

津波の中、響き続けた鐘の音 鳴らした消防団員、不明に

2011年4月1日16時58分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:越田冨士夫さん越田冨士夫さん

写真:津波で流された大槌町第2消防分団の火の見やぐら。「火」と「用」の字が残る=31日午後、岩手県大槌町、中田徹撮影拡大津波で流された大槌町第2消防分団の火の見やぐら。「火」と「用」の字が残る=31日午後、岩手県大槌町、中田徹撮影

 停電で鳴らなかったサイレンの代わりに、町に響いたのは半鐘の音だった。津波が防潮堤を越え、市街地に迫ってきても鳴りやまなかった。たたき続けた消防団員は行方不明のままだ。

 岩手県大槌町で20年以上消防団員を続けていた越田冨士夫さん(57)は3月11日、自家用車で水門を閉めに向かい、その後、消防団の屯所に向かった。揺れから20分以上たち、屯所の消防車には、近くの消防団から「津波が来た」と無線が入っていた。

 乗車していた団員は「早く乗って」と越田さんに叫んだ。消防車のサイレンの音で聞き取れなかったが、越田さんは腕を振っていた。「いいから、いけ」。腕はそう語っていた。

 「カン、カン、カン」

 団員たちが屯所を離れてしばらくたった頃、鐘の音が聞こえてきた。防災行政無線とサイレンの導入で、20年以上倉庫にしまったままの半鐘だった。屯所の火の見やぐらに設置されたサイレンは停電で鳴らなくなっていた。きっと、それを知った越田さんは、なんとか非常事態を住民に伝えようと、屯所の屋上から半鐘を鳴らしたんだろう。団員たちは、みなそう思った。

 屯所から200メートルほど離れ、避難所になった神社にも、その音は届いていた。自転車で神社に向かっていた団員仲間の佐々木大一郎さん(67)は、屯所で越田さんの姿を見かけていた。なんとも悲しい音に聞こえたという。「長い間鳴っていた。今も頭から離れない」。越田さんの行方はわかっていない。(阿部朋美)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧