現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

NYファッション界も支援 セール売り上げを義援金に

2011年4月4日8時36分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:復興支援のためのセールに約千人が駆けつけた=米ニューヨーク、田中写す拡大復興支援のためのセールに約千人が駆けつけた=米ニューヨーク、田中写す

 消費者も参加できる復興支援もあるはず――。有名デザイナーたちがファッションショーなどで披露した洋服や宝飾品など約6千点が半額となる大セールが2日、ニューヨークであった。売り上げの全額が義援金として寄付される。

 勢いのある若手として知られるアレキサンダー・ワンから、大物のジル・サンダーまで。ニューヨークのファッション業界で働く日本人女性の呼びかけに、有名デザイナー104人が女性ものの洋服を寄付した。定価で売れば約1億円超。一般の店頭では手に入らない貴重な品も含まれるとあって、千人が駆けつけた。

 買い控えなど、日本からは「自粛ムード」が伝わるなか、呼びかけ人の一人でVPL社の花沢菊香さんは「消費で復興のお手伝いをしたいというお客さんは必ずいる。世界を巻き込みたい」などと考え、セールを企画したという。

 ニューヨークで大きな影響力を持つジュリー・ギルハートさんも、デザイナーたちに企画への参加を促した一人だ。「ニューヨークは、ニッポンのファッション業界から多大な影響を受けている。少しでも恩返しになれば」と話していた。(ニューヨーク=田中光)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧