現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

コメ作付け禁止基準を発表 土壌汚染、近く地域設定

2011年4月9日1時10分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

地図:福島県拡大福島県

 福島第一原発事故の放射能による土壌汚染問題で、枝野幸男官房長官は8日、イネの作付け禁止について、土壌中の放射性セシウム濃度が土1キログラムあたり5千ベクレルを超える水田とする基準を発表した。農林水産省は、原発の半径30キロ圏内に加え、この基準で作付けを禁じる方針。政府は近く具体的な地域を定める。

 5千ベクレルは、収穫時のコメの汚染度が安全基準を超えると推計される数値。政府の原子力対策本部長である菅直人首相が設定地域に対し、原子力災害対策特別措置法に基づき作付け禁止を指示する。原災法による作付け禁止は初めて。東京電力と政府は損害分を補償する。

 福島県は6日に県内の農地計70地点の土壌調査結果を公表。5千ベクレルを超えていた地点は水田では飯舘村内の2地点だけだった。同県は12日に追加調査の結果を公表する予定。

 宮城、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川の8県は8日夜、県内の農地の調査結果で、全ての地点で5千ベクレルを下回ったと発表した。

 農水省と福島など各県は土壌調査を踏まえて改めて協議し、近く具体的な作付け禁止地域を設定する。一方、原発から半径30キロ圏内は立ち入りが制限されて土壌調査ができていないが、この地域も原則、作付けを禁じる。農水省幹部は「耕作自体が不可能なため」と説明している。一律に30キロで禁じるかどうかは検討する。

 農水省は、土壌からイネにセシウムが吸い込まれ、収穫時のコメに移る度合い(移行係数)について、過去の事例の分析から0.1を指標として設定。コメのセシウムの基準は1キロあたり500ベクレルのため、土壌の数値を同5千ベクレルと決めた。

 ただ、福島原発の事故は収束しておらず、今後も放射性物質が土壌や作物に付着する危険性は残る。このため、今回作付けを許可した水田についても土壌調査を継続。秋の収穫期にはコメの検査も実施し、基準を超えた場合は出荷停止を指示する方針だ。鹿野道彦農水相は8日、「二重のチェックで安全性を確保する」と述べた。

 セシウムは半減期が30年と長く、土壌汚染の解消は簡単ではない。農水省は来年以降の作付けの是非は「今後検討する」としている。また、作付けを禁じる農地について、土壌の入れ替えが可能かどうかや、放射性物質を吸収しにくいとされる別の作物の耕作地に代えられないか検討する。(大谷聡)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧