現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

岩手・宮城・福島、なお27万戸停電

2011年4月9日13時32分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 東北電力によると、9日午前10時現在、岩手、宮城、福島の3県で引き続き、約27万戸が停電している。8日午後10時時点は約43万戸だった。7日の余震で停電した東北6県のうち、青森、秋田、山形の3県は全面復旧している。

 余震で停止していた八戸、能代、秋田の3火力発電所は9日未明までにすべて運転を再開した。

 余震前の停電は岩手、宮城、福島の3県で計約16万戸だった。余震の影響で東北6県で最大約401万戸で停電していた。9日中に少なくとも余震前の状況に戻すことを目指して作業を急いでいるが、現時点で見通しはたっていないという。

検索フォーム

おすすめリンク

原発事故の際、政府は放射能の影響についてどのように広報すればいいのか。

胃がんと診断されて入院していた看護師。患者として見た被災地の病院の姿は…。

3歳の長男と大きなお腹を抱えて車で逃げ出し、お産のできる場所を探しました。

東日本大震災で被災した透析患者の親子は、避難所から治療が受けられる病院へ通いました。

東日本大震災の教訓を生かしたワークショップ「むすび塾」での取り組みを紹介。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧