現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

空中の放射性物質、気球で観測 福島大

2011年4月15日13時19分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:空中の放射性物質を調べる装置ラジオゾンデを上空に上げるため、気球が放たれた=15日午前11時11分、福島市の福島大、仙波理撮影拡大空中の放射性物質を調べる装置ラジオゾンデを上空に上げるため、気球が放たれた=15日午前11時11分、福島市の福島大、仙波理撮影

写真:空中の放射性物質を調べるラジオゾンデ(手前)を飛ばすため、小型の気球がふくらまされた=15日午前10時57分、福島市の福島大、仙波理撮影拡大空中の放射性物質を調べるラジオゾンデ(手前)を飛ばすため、小型の気球がふくらまされた=15日午前10時57分、福島市の福島大、仙波理撮影

 福島第一原発から出た空中の放射性物質の状況を調べるため、福島大は15日、福島市の大学構内で、直径2メートルほどの気球を飛ばし、地表から高度30キロまでの観測を始めた。20日間続ける。

 国や福島県のこれまでの放射性物質の調査は地表面が中心で、高層でのデータは少ない。フィンランドのヴァイサラ社から「ラジオゾンデ」と呼ばれる気象観測装置約20台の提供を受け、調査が実現した。

 機器は1回ごとに使い捨て。高度5〜10メートルごとに放射線量、気温や気圧などの気象データを計測する。無線で地上に送られたデータから、高度や気候条件との関係を分析する。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧