現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

「被災」紙幣・硬貨の交換、総額10億4600万円に

2011年4月20日7時38分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:津波で泥だらけになった紙幣=日本銀行仙台支店提供拡大津波で泥だらけになった紙幣=日本銀行仙台支店提供

写真:泥だらけになった紙幣を水で洗う日本銀行の職員=日銀仙台支店提供拡大泥だらけになった紙幣を水で洗う日本銀行の職員=日銀仙台支店提供

写真:水にぬれた紙幣を乾かす日本銀行の職員=日銀仙台支店提供拡大水にぬれた紙幣を乾かす日本銀行の職員=日銀仙台支店提供

 東日本大震災で、津波をかぶるなどして傷み、日本銀行に持ち込まれて交換された紙幣や硬貨が、東北6県で計約10億4600万円にのぼることが、わかった。日銀仙台支店が19日に明らかにした。

 1995年の阪神大震災では半年間で約8億円が交換されており、その「被災」を1カ月余りで上回った。大半は宮城、岩手、山形の3県を管轄する日銀仙台支店に持ち込まれ、18日までに約10億3800万円に上った。1カ月余りで例年の2年分の交換依頼があったという。福島、青森、秋田の3支店でも計約800万円が交換された。

 日銀仙台支店によると、泥や油、海の塩がこびりついている紙幣は、洗浄も難航。偽札かどうかの見極めも機械ではできず、職員の目で確認作業をしているという。20日には、支店のない岩手県にも交換の臨時窓口を設置する。(森本未紀)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧