現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

放射性物質の放出量、1〜10%程度に減少 第一原発

2011年4月25日22時57分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 原子力安全委員会は25日、東京電力福島第一原子力発電所からの最新(1週間前)の放射性物質の放出量が1時間あたり100億ベクレル程度と推定され、4月5日時点の1千億〜1兆ベクレル程度から、1〜10%程度に減少した可能性があることを明らかにした。

 国が観測を続けている放射性物質の雲(プルーム)については、100億ベクレルまで濃度が下がると検出が難しくなる。原子力安全委員会の班目春樹委員長は「事故から25年を迎えたチェルノブイリのような直接的な健康被害を出したくない。被害を最小限におさえるため、新たな方法を使ってでもきっちり監視していきたい」と話した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧