現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

緊急地震速報、6割ハズレ 震災の余震活発化で精度低下

2011年4月28日21時25分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 気象庁は28日、東日本大震災の本震発生以降、一般向けに出した緊急地震速報について、70回のうち約6割にあたる44回が不適切だったと発表した。余震活動が活発化したことで精度が下がっている。

 緊急地震速報は最大震度5弱以上の地震で、震度4以上の揺れを予測した地域に出される。3月11日の本震以降に発表された計70回のうち、44回は実際の震度が2以下になった地域があった。うち17回は全地域で震度2以下だった。このほか、最大震度5弱以上を観測したのに見逃して、速報を発表できなかったケースも20回あった。

 同庁によると、現在のプログラムでは、異なる場所でほぼ同時に地震が発生した時に、広い地域で大きな一つの地震が起きると予測してしまう場合がある。不適切事例のうち、32回はこのケースだった。残りは、停電などで使用できる地震計の数が減ったことなどが原因だった。

 同庁はプログラムの改修を進めているが、抜本的な改善には少なくとも数カ月かかるという。(宋光祐)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧