現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

活動自粛の釜石シーウェイブス、練習再開 ラグビー

2011年5月4日0時34分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:練習を再開した釜石シーウェイブスの選手たち=3日午後、釜石市甲子町拡大練習を再開した釜石シーウェイブスの選手たち=3日午後、釜石市甲子町

 被災後、活動を自粛していた岩手県の社会人ラグビーチーム、釜石シーウェイブスが3日、釜石市立陸上競技場で練習を再開した。大漁旗を手にしたサポーターが見守るなか、約30人が笑顔で汗を流した。15日には盛岡市で関東学院大と対戦する。

 「うわ、きつい」。選手から声が上がる。久しぶりの本格練習で出た悲鳴だった。今季は出遅れたが、ゼネラルマネジャー高橋善幸さん(46)は「釜石を背負って全国制覇を目指す。自分たちのラグビーを通じて、あきらめない被災地の姿を見てもらいたい」と力を込める。

 神戸から駆けつけた元メンバーのアンドリュー・マコーミックさん(44)は「選手たちの安否が確認できたのは震災から6日目。街の様子にはショックを受けたが、仲間の元気な姿がうれしい」と笑顔を見せた。

 チームは、藤原誠選手らの自宅が損壊し、家財道具や練習道具が流された。職場が被災して復旧に追われた選手も多い。クラブを支える企業の多くも深刻な打撃を受け、収入減が見込まれている。不安を抱える選手たちを、全国から届いた支援の声や物資が支えている。(奥田薫子)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧