現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

津波のがれき「3年後、米西海岸に漂着」 米研究機関

2011年5月9日19時35分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図:津波で発生したがれきの流れの予測拡大津波で発生したがれきの流れの予測

 東日本大震災の津波で太平洋に押し流された家屋や自動車に船、生活用品などが、がれきとなって3年で北米の西海岸に漂着。その後、西に逆流し、5年後には米ハワイの砂浜にも押し寄せる――。

 ハワイ大マノア校国際太平洋研究センターが、海流などの動きから分析した。「大量かつ集中的な漂着となるため、海の生態系や水産業にも悪影響をもたらしそうだ」としている。

 予測では、1年後の2012年にハワイ諸島の北側に近づき、14年には米西海岸のカリフォルニア州やアラスカ州、カナダのブリティッシュコロンビア州、メキシコのカリフォルニア半島などに達する。その後、風や海流に乗って西に逆流。太平洋にはもともと、様々な漂着物の吹きだまりとなる帯状の海域「北太平洋ゴミベルト」があり、そこに入って細かく砕けた末、16年にはハワイに押し寄せる計算だという。

 ハワイでは近年、砂浜に打ち上げられる海洋ゴミが問題になっている。その量が津波のがれきで一気に増える見込みで、「特に今回は道路標識など街のあらゆるものが流され、プラスチック中心の通常の海洋ゴミとはタイプが違ってくる」と、調査に携わったジャン・ハフナー氏はみている。

 結果、海鳥やウミガメなどの海洋生物が誤ってのんで死ぬ危険や、海洋自体の汚染が加速しかねない。漁船など海面に浮きやすいものは風の影響を受けやすく、予測より早く到達する可能性もあるという。(ロサンゼルス=藤えりか)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧