現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

福島のがれき、放射線量低ければ「焼却可能」 環境省

2011年5月15日23時26分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 環境省は15日、福島第一原発の事故の影響で放射性物質が付着した可能性がある福島県のがれきについて「測定された放射線量が一定以下にとどまる場合は、焼却処分できる」との方針を示した。空気中へのセシウムの放出を「ほぼ100%」防げる焼却施設を新たに建設する。今後、焼却ができる放射線量の基準値などを検討する。

 同省は同日、放射性物質を浴びたがれきの処理方法などを話し合う「災害廃棄物安全評価検討会」(座長・大垣真一郎国立環境研究所理事長)の初会合を開いた。環境省が、9〜12日に福島県内の約120カ所で放射線量を測定した結果を説明し、有識者の了承が得られたとしている。

 今回、専用の新施設で焼却できるのは、原発から20キロ圏内の警戒区域や、計画的避難区域を除いた中通り、浜通り地域のがれき。同じ地域でも、測定された放射線量が原発から約100キロ離れた会津地方と同レベル以下の場合は、専用施設ではなく、通常の災害廃棄物と同じルートでも処理できるとした。17日にも県などに対象の市町村名を通知する。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧