現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

超高速貨客船、被災者に無料開放 シャワーや食事提供

2011年5月18日11時33分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】超高速貨客船、被災者に無料開放

写真:地震で地割れした岸壁に接岸している超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」=17日午後、宮城県石巻市、竹谷俊之撮影拡大地震で地割れした岸壁に接岸している超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」=17日午後、宮城県石巻市、竹谷俊之撮影

写真:超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」に乗り込む被災者たち=17日午後3時9分、宮城県石巻市、竹谷俊之撮影拡大超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」に乗り込む被災者たち=17日午後3時9分、宮城県石巻市、竹谷俊之撮影

写真:超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」のレストランでバイキングを楽しむ被災者たち=17日夕、宮城県石巻市、竹谷俊之撮影拡大超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」のレストランでバイキングを楽しむ被災者たち=17日夕、宮城県石巻市、竹谷俊之撮影

 宮城県石巻市の被災者が17日、超高速大型貨客船「テクノスーパーライナー」(TSL)で1泊2日の「船旅」を楽しんだ。

 製造元の三井造船が、入浴が困難な避難所などで暮らす人たちにシャワーや食事を提供しようと無料で開放した。この日は152人が訪れ、同市谷川浜のカキ養殖漁師石森健一さん(73)は「広々とした部屋は快適。生野菜を食べるのも久しぶりでリラックスできた」と話した。

 TSLは国策として開発され、約115億円を投じて2005年に完成。東京と小笠原諸島を結ぶはずだったが、原油高騰で就航できず、使われないままになっていた。

 実際に乗客を迎えるのは初めてで、31日まで停泊し、約1800人が利用する予定。三井造船の桜井真副社長は「最悪の場合、スクラップも想定していただけに、乗客を迎えられたことは感無量だ」と話した。(安田琢典)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧