現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

日中韓の首脳、そろって福島へ 21日、安全アピール

2011年5月18日9時20分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 今週末に来日する中国の温家宝(ウェン・チアパオ)首相と韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は、21日に東日本大震災の被災者らを励ますため、東京電力福島第一原発事故が起きた福島県内の避難所を菅直人首相とともに訪れる方向で最終調整に入った。

 3首脳がそろって同原発の地元に入ることで日本の「安全」を強調し、日本産品などへの風評被害に一致して取り組む姿勢をアピールする狙いもある。

 17日までの計画によると、温首相と李大統領は21日に仙台空港に到着し、仙台市内などでそれぞれの予定をこなした後、一緒に福島県内の避難所を訪問。東京から菅首相も合流したい考えだ。夜は東京都内で夕食会に臨み、翌22日に日中韓首脳会談を開く。

 日本側から当初提案した福島市内での首脳会談開会式は見送られたが、避難所を訪ねる形で3首脳の福島訪問を実現させる。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧