現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

〈生きていくあなたへ〉こんな時こそ笑いも コメディアン・ケーシー高峰さん

2011年5月20日12時30分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ケーシー高峰さん拡大ケーシー高峰さん

 福島県いわき市に住んで23年になります。あの日も小名浜港から車で10分ほどの自宅にいました。高台で幸い被害はありませんでしたが、近くの公民館には避難してきた方が大勢います。居ても立ってもいられなくて、炊き出しに2度出かけました。

 皆さんの顔からは笑顔が消え、沈んでいた。不謹慎かと思いましたが、マイタケご飯と豚汁を配りながらちょっとしたジョークを飛ばすと顔がほころびました。それを見て、こんな時だからこそ笑いも大事だと思い直したんです。だって、皆さん十分頑張ってるんだもん。2度目はストーブを囲みながら、ちょっとエッチな医事漫談をやりました。「また馬鹿なこと言って」と言われたけれど、津波で家族を亡くされたとか、かえって大変な境遇の方から「ありがとう」という言葉を頂きました。

 縁あって住み始めたいわきは食べ物もおいしいし、人もいい。離れるつもりはありません。私もいわきに残りますから、一緒に生き抜きましょうと言いたい。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧