現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

「塩トマト」で塩害農地の復興目指す 宮城・岩沼

2011年6月4日20時5分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:津波に襲われた田にトウモロコシの種をまく保育園児たち=4日、岩手県陸前高田市矢作町拡大津波に襲われた田にトウモロコシの種をまく保育園児たち=4日、岩手県陸前高田市矢作町

写真:農地の復興を願い、塩分に強いとされるトマトの苗が植えられた=4日、宮城県岩沼市拡大農地の復興を願い、塩分に強いとされるトマトの苗が植えられた=4日、宮城県岩沼市

写真:農地の復興を願い、塩分に強いとされるトマトの苗が植えられた=4日、宮城県岩沼市拡大農地の復興を願い、塩分に強いとされるトマトの苗が植えられた=4日、宮城県岩沼市

 津波で浸水した畑で塩分に強いトマトを栽培し、農地の復興につなげる試みが宮城県岩沼市で始まった。4日、東京から来たボランティア47人が、約500株の苗を植えた。

 岩沼市は総面積のほぼ半分が浸水し、田畑1240ヘクタールが塩水につかった。トマトは塩分が多い土壌でも育ち、熊本県の干拓地で栽培されたものは味の濃い「塩トマト」として知られている。市は塩トマトの栽培を復興策の一つに位置付け、4日は市内2農家の計20アールに苗が植えられた。

 岩手県陸前高田市矢作地区の田畑16ヘクタールでも4日、塩害に強いトウモロコシとヒマワリの種まきがあり、住民ら約300人が参加した。トウモロコシなどは田畑の塩分除去効果があるという。

 全国からトウモロコシの種約40万粒、ヒマワリ約18万粒を集めた。収穫後は「震災トウモロコシ」として販売し、義援金にあてる。ヒマワリは、津波の犠牲者に手向けるという。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧