現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

地震発生確率高まる可能性 双葉・立川・牛伏寺の3断層

2011年6月10日2時4分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図:3断層の場所拡大3断層の場所

 政府の地震調査委員会は9日、双葉断層(宮城県、福島県)と立川断層帯(埼玉県、東京都)、糸魚川―静岡構造線活断層帯の牛伏寺(ごふくじ)断層(長野県)について、将来の地震発生確率が高まる可能性がある、と発表した。

 東日本大震災による地殻変動の影響で、国内の主要な断層帯で地震を起こしやすくなったかを推定した。ただ、具体的に何%上昇するかは算出できていない。

 双葉断層は、宮城県亘理町から福島県南相馬市にある断層。予測では地震規模はマグニチュード(M)6.8〜7.5程度。M6.9の地震で、福島県沿岸部で震度6強以上の揺れが想定される。現段階で30年以内の地震発生確率は、ほぼ0%と予測されている。

 立川断層帯は、埼玉県飯能市から東京都府中市にある断層。予想される地震の規模はM7.4。現段階の30年以内の発生確率は0.5〜2%で、全国の主要な活断層の中で発生確率がやや高いと位置づけられている。東京都立川市や国立市、羽村市、武蔵村山市などで震度6強の揺れが想定される。

 牛伏寺断層は長野県松本市と塩尻市付近の断層。糸魚川―静岡構造線活断層帯の中部の一部で、牛伏寺断層を含む部分が活動すると規模は内陸で最大級のM8程度。現段階での30年以内の発生確率は14%で主な活断層の中では確率が高いグループになる。

 発生確率が高まったとみられる双葉断層は、福島第一、第二原発近くを通る。今回の地震を受け東電も揺れの想定を見直す必要があるか検討することにしている。復旧作業中の原発がふたたび強い揺れに見舞われる恐れもある。(松尾一郎)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧