現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

日本からの緑茶に基準超えるセシウム パリの空港で検出

2011年6月18日20時42分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 フランス政府は17日、パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で、日本から輸出された静岡の緑茶から基準値の2倍にあたる1キロあたり1038ベクレルの放射性セシウムが検出され、廃棄処分すると発表した。声明によると、フランス政府は今後、静岡産の農産物は全て放射線検査の対象にすることも決めた。

 福島第一原発の事故後、日本からフランスに輸出された食品で、基準値を超える放射性物質が検出されたのは初めて。仏メディアによると、該当したのは緑茶162キロで、欧州連合(EU)の基準値は1キロあたり500ベクレル。

 EUは福島県など12都県で生産されたすべての食品について、放射線量が基準値以下であることを示す証明書を添付して輸出するよう義務づけているが、静岡県産は対象外だった。フランス政府は静岡県産もこの規制対象に加えるよう、欧州委員会に求める考えも声明で明らかにした。

検索フォーム

おすすめリンク

1本の極秘公電には、米国が自衛隊の英雄的犠牲を必要だと迫った文言が並んでいた――。

航空の自由化やLCCの普及は、実は鉄道会社にも旅客獲得のチャンスとなっている。

日本の安全・保安院は米国から過去2回助言を受けていたが、なぜ対応しなかったのか。

「ゲリラ豪雨」への対策はまだ不十分。幾多の風水害の経験をどう生かしていくか。

謎の死を遂げた動燃幹部が遺した大量の機密ファイルから、日本の原子力行政の「闇」を暴く。

一方的な賠償基準に抗議の声を上げない被災者は泣き寝入りするしかないのか。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧