現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

仏で基準超は玄米茶でなく緑茶 農水省が静岡県へ訂正

2011年6月21日20時20分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 フランスで静岡の茶から欧州連合(EU)の基準を超える放射性物質が検出された問題で、静岡県は21日、基準を超えた茶が「御前崎市の業者が製造した玄米茶」とした前日の発表を訂正し、「同じ業者が製造した緑茶」だったと発表した。農林水産省から同日、誤って情報を伝えたと県に連絡があったという。

 同県経済産業部によると、EUの基準(1キロ当たり500ベクレル)の2倍にあたる1038ベクレルの放射性セシウムが検出されたのは、計135キロの緑茶。県内の他の茶商工業者から御前崎市の業者が一番茶の荒茶を購入し、製茶に加工したという。

 県は、同じ緑茶の在庫1キロを御前崎市の業者から回収し、22日に厚生労働省横浜検疫所で検査する。当初、基準を超えたとされた玄米茶は同検疫所での検査の結果、製茶で1キロ当たり66ベクレルだった。

 県によると、訂正情報は21日昼ごろに農水省から県にメールで伝えられた。誤った理由は触れられていなかったという。(後藤遼太)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧