現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

学校の放射線下げろ 福島県が小学校を洗浄し実験

2011年6月26日19時23分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:福島第一小の屋上で高圧洗浄をする調査員ら=26日午前10時50分、福島市杉妻町、日吉健吾撮影拡大福島第一小の屋上で高圧洗浄をする調査員ら=26日午前10時50分、福島市杉妻町、日吉健吾撮影

 校舎の壁や地面を洗浄することで、放射線量がどれぐらい下がるのか調べる実験を、福島県が26日から始めた。この日に実施した福島市立第一小では、泥などがたまった場所で高い線量が測定されたが、洗浄後に大幅に下がることが確認された。

 洗浄前に外壁や窓、花壇など130カ所の線量を測ったところ、多くは1時間あたり1マイクロシーベルト未満だったが、泥やコケが密集する雨どい下などで36〜47マイクロシーベルトという高い値が記録された。高圧洗浄機とブラシで洗浄後に計測すると、1.0〜1.9マイクロシーベルトに下がった。

 県はこの日、同小の通学路でも線量を測定。後日に歩道や側溝などを洗浄して線量を比較し、洗浄方法や汚泥の処分方法などの指針を決める。文部科学省は校庭利用の上限の目安を3.8マイクロシーベルトとしている。(渡辺康人)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧