現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

福島第一原発の取水口ふさぐ壁設置 汚水流出防止対策

2011年7月5日21時9分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:汚染水流出防止対策中の福島第一原子力発電所2号機の取水口付近=東京電力提供拡大汚染水流出防止対策中の福島第一原子力発電所2号機の取水口付近=東京電力提供

写真:福島第一原子力発電所2号機。水中カーテンの奥の取水口が遮水壁で完全に閉じられている=東京電力提供拡大福島第一原子力発電所2号機。水中カーテンの奥の取水口が遮水壁で完全に閉じられている=東京電力提供

 東京電力は5日、福島第一原子力発電所2号機の取水口をふさぐ厚さ32センチの鉄筋コンクリート製の壁の写真を公開した。放射能汚染水の流出防止対策として、35枚を取り付けた。

 壁はもとから備え付けられていたが、3月11日に津波で流された。4、5月に2、3号機の取水口近くから汚染水漏れが起きたときは、水中カーテンで食い止めようとした。だが、効果はほとんどなかった。

 東電は「再び汚染水が漏れても、壁の内側でとどまるだろう」としている。1、3、4号機でもそれぞれ20枚、35枚、39枚の取り付け工事が完了した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧