現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

遼選手、被災地でゴルフゲーム 児童笑顔「教え方上手」

2011年7月6日20時5分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】石川遼選手らプロゴルファーが女川で炊き出し

写真:避難所で暮らす人たちにかき氷を作って渡す(左手前から)石川遼、中嶋常幸、青木功の各選手=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影拡大避難所で暮らす人たちにかき氷を作って渡す(左手前から)石川遼、中嶋常幸、青木功の各選手=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影

写真:避難所で女性にかき氷を渡す石川遼選手(左)=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影拡大避難所で女性にかき氷を渡す石川遼選手(左)=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影

写真:地元の小学生の前でショットを披露する石川遼選手(右)。ミスをして笑い声があがった=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影拡大地元の小学生の前でショットを披露する石川遼選手(右)。ミスをして笑い声があがった=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影

写真:地元の小学生にショットの打ち方を教える石川遼選手(手前左)=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影拡大地元の小学生にショットの打ち方を教える石川遼選手(手前左)=6日午後、宮城県女川町、遠藤啓生撮影

写真:宮城県女川町に贈るサイン入りの旗を持つプロゴルファーたち=6日午後、遠藤啓生撮影拡大宮城県女川町に贈るサイン入りの旗を持つプロゴルファーたち=6日午後、遠藤啓生撮影

 ゴルフの石川遼選手ら10人のプロが6日、避難所となっている宮城県女川町の総合体育館を訪れた。被災者らにけんちん汁やかき氷などを振る舞い、女川第二小の児童約80人とゴルフゲームを楽しんだ。

 石川選手は、テニスボールより少し小さい球を使った「スナッグゴルフ」で同小の児童と対決。2打のハンディをもらった山田くるみさん(10)は1打差で石川選手に勝ち、「難しかったけど、教え方が上手だったので、遠くまでボールを飛ばせた」と笑顔を見せた。

 今季の獲得賞金全額を東日本大震災の義援金に充てている石川選手が被災地入りするのは震災後初めて。「どういう支援をしていけばいいのかはっきりした。いっそう気合が入る」と語った。(吉田拓史)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧